ボールペン字

ボールペン字のコツをつかんで、綺麗な字を手に入れよう

以前は連絡をする際は文書の郵送やFAX等が主な手段でしたが、携帯電話やインターネットが普及して自分で字を書く必要がなくなってきました。その弊害として漢字が書けなくなってしまった人が多くなっています。そして、以前なら子どもの人気の習い事であった、習字も習う人が以前に比べて少なくなり、字を綺麗に書ける人も減ってきてしまいました。そこで字が綺麗になると、最近注目されているのがボールペン字講座です。通信講座もありますが、独学で学んでいる人も多くいます。ここでは字があっという間に上達するコツを教えます。

 最近の若い人によく見られますが、字の相対的なバランスが悪い人がいます。字の上だけ極端に大きかったり、文章内で極端に小さい字があったり。友人という親しい間柄でやりとりされる文書であれば、そのような字を書くのも良いのですが、会社で使用する文書ですとか、公的な文書にそのようなバランスの悪い字はあまり好ましくありません。そこで、文字の大きさに気を付けてみてください。文章内で漢字を一番大きく書き、その次にひらがなを大きく書きます。カタカナはそのひらがなより更に小さく書きます。この点に気を付けるだけで大分印象が変わりますので、是非実践してみてください。

 練習帳や通信講座のテキストではよく使用される文字の見本があります。自分がこのような字を書いていたと思い当たる人は、ぜひ見本を真似ることから始めてください。見本はとても文字のバランスが良く書かれています。参考になること間違いなしです。


しっかり勉強するならケイコとマナブが一番!


このページの先頭へ