ボールペン字

ボールペン字がうまくなるには練習が大切

あなたはどのような字を書きますか?人には書く字の癖があるので、人それぞれ書く字が異なります。字を小さく書く癖がある人や、ななめに書く癖がある人など実に様々です。そして字を丁寧に書く人もいれば、殴り書きの様に乱暴に書く人ももちろんいます。字は人を表します。乱暴に書く人は、残念ながら字を読んだ人には乱暴な性格と受け取られてしまうかもしれません。では、どうしたら自分の字がうまくなるのでしょうか?

 字がうまくなる王道の方法は、毎日の練習です。練習だなんて分かりきっているかもしれませんが、現代人は仕事や家事、子育てに追われ多忙な毎日を過ごしているので、なかなか字を練習する時間などないのです。うまくなるためにやらなければならない練習を頭では分かっているのに、実行することができないのです。ではどのように練習すれば良いのでしょうか?

 練習と言っても、毎日1時間、2時間字を書く練習をしなさいというわけではありません。家事の合間や子どもが寝た後や出勤前のわずかな時間で良いのです。10分でも構いません。自分に無理なく毎日続けられる時間を決めましょう。もし毎日続けられなければ、もっと時間を短くしても良いでしょう。そして字を書く練習を毎日の習慣として、自分の生活の一部に取り入れましょう。字はちょっと練習しただけでは劇的にうまくなることはありません。毎日コツコツと練習を重ねた結果、少しずつ少しずつ上達していくものです。毎日続けるコツは、無理をしないことです。最近話題のボールペン字講座でも、毎日の練習が必要です。自分自身で毎日練習は続かないという人には、このボールペン字講座はお勧めです。


しっかり勉強するならケイコとマナブが一番!


このページの先頭へ