ボールペン字

ボールペン字がうまくなる練習方法にせまる

年賀状やご祝儀袋等、未だに手書きで書かなければならない文書もたくさんあります。そんな文書を綺麗な字で書きたいですね。綺麗な字を書きたいと思っている多くの人たちにボールペン字通信講座や練習帳が選ばれています。しかしボールペン字通信講座にしても、市販の練習帳を使って一人で学習を進めるにしても、どちらも毎日の練習が必要となります。忙しい現代人にとって、毎日わずかな時間を作るのも難しいと言えます。そんな人たちに効果的な練習方法はないのでしょうか?

字が上手になる練習方法としては、見本をなぞり、ゆっくり丁寧に書くことが挙げられます。せっかくの見本も時間がないからと適当になぞってしまったり、よく見本の形を見ないままなぞってしまったりしていては意味がありません。いつまでも自分の字の癖を直すことは出来ません。見本の字はバランスよく書かれています。その見本を丁寧になぞることで、字のバランスを自分のものにすることが出来るのです。また、字を丁寧に書こうと心がけることで、自然と字に気持ちがこもり大変味わい深い字が表現されるのも魅力的です。

七夕で短冊に願い事を書いたり、流れ星が見えた時に願い事を唱えたりしても字が綺麗になるわけではありません。字が綺麗になる練習方法に近道はないのです。毎日の練習の積み重ねと自分の字に対する意識の変化で少しずつ字に変化が現れてくるものです。字の練習を始めたのにちっとも字がうまくならないと嘆いているよりも、まずは、字の練習の王道、見本をなぞり、ゆっくり丁寧に書くことを実践してみましょう。


しっかり勉強するならケイコとマナブが一番!


このページの先頭へ