ボールペン字

自分に合ったボールペン字の練習帳を見つけよう

最近ボールペン字の練習帳が書店で販売されていて、大変人気を集めています。ボールペン字の練習帳とは、簡単に説明すると字の練習帳です。練習帳の内容は主にひらがなから始まり、カタカナや漢字へと進んでいきます。練習帳がひらがなから始まる理由は、文章を作成する際にひらがなが一番使用頻度が高いからです。しかし、今書店に並んでいる練習帳はとても種類が多いのです。初めて練習帳を見る人にとっては何を選んでいいのか迷ってしまうほどです。実は、練習帳の中身は似ているようで違うのです。

 まず練習帳は行書中心の本もあれば楷書中心の本もあります。自分がどちらをより使用するか、またより習得したいのはどちらかで選べば良いでしょう。また、出版されている本によっても字体が異なっていますので、練習帳を購入する際には、中身をよく確認してから購入してください。人それぞれ字に癖があると同じく、人それぞれ字体にも好き好きがあります。こういう字はあまり好きではないという字体の練習帳を購入しても、練習もはかどりません。

 また、一番の違いは練習帳の見本を書く人が違うことです。人それぞれ書く字には癖がありますが、癖には悪いものもあれば、良いものもあります。色々と練習帳の見本を比較して、自分にもっとも合っている見本や、こんな字を書きたいという憧れの見本を是非見つけてください。

 練習帳は主に書きこみ式です。一度使用してしまうとまた練習帳を購入する必要があります。せっかくなので、最初に購入した見本を作成した人が出版している練習帳で統一したほうがより上達は早いのでお勧めです。まずは書店に行き、自分に合った練習帳を探してみましょう。


しっかり勉強するならケイコとマナブが一番!


このページの先頭へ