ボールペン字

綺麗な字で相手に好印象を

普段の生活の中で字を書く機会というのは随分少なくなってきました。パソコンとプリンターに頼ることが増え、なかなかペンを持つ子ももありません。それでも書類へのサインや、封筒や手紙の宛名などまだまだ活躍の機会は多くあります。

就職活動をしている学生の方や、普段から多くの書類を扱う会社員の方、文字を覚え始めたお子さんがいるお母さんにも綺麗な字は役に立ちます。そして結婚式の招待状や年賀状も綺麗な字で送られてくると嬉しいものです。

このように綺麗な字を書くことができると、それを見た相手に非常に良い印象を持ってもらうことができます。綺麗な字は、汚い字と違って読みやすく、見ていても気持ちのいいものです。

綺麗な字が書けるようになるには多少の練習は必要ですが、そこまで大変な労力が必要になるわけでもありません。少しの努力で人から良い印象を持ってもらうことができるので、身に着けて損はないスキルであることは間違いありません。

手軽な通信講座などもあるのでぜひ挑戦してみてください。

しっかり勉強するならケイコとマナブが一番!


私が綺麗な字を書けるようになったワケ

私の書く字はお世辞にも綺麗とは言えないもので、昔からなんとかしたいと思っていました。特にボールペンでサインをするときや、宛名を書く時なんかは本当に酷いものでした。

丁寧に書いたつもりでもどこか違和感があるというか、形が不揃いで自分でも嫌になります。そしてそれをなんとかしたくて自宅でこっそりと練習を始めました。

色々と調べてみたところ、字の上手な人の形を真似て1文字づつ丁寧に覚えていくと良いらしいので、毎晩その練習をすることにしました。形や大きさを真似ながら、まっすぐゆっくりと書くことを意識しました。

練習を始めてから1ヶ月後、努力のかいもあり多少見れるものにはなりました。ただ書くスピードを上げてしまうとすぐ形が崩れてしまうので、普段の生活の中ではまだまだ役に立つレベルではありません。

どこをどういう風に直せばいいのか、スラスラと綺麗な字が書けるようになるのか。私はその方法が見つからなくて、上達を半ば諦め始めていました。

そんなとき、たまたま見たボールペン字の通信講座の広告に少し興味を持ちました。自分の字を添削してもらえるようで、どこが悪いのかわからなくなっている私にはピッタリだと思いました。

さっそくその講座を始めたところ、添削と解説のおかげで自分の字のどこがダメなのかがよくわかるようになりました。今はこの講座の効果もあり人から褒められるようになりました。

字がうまくなるためには自分一人ではまず不可能です。アドバイスや比較対象もないので自分の何が間違っているか、それがさっぱりわからないからです。

汚い字をいくら書いても意味はありません。お手本の綺麗な字を真似することが綺麗な字を書くための秘訣です。最近はサインをするときにも自身を持って書くことができます。

私と同じように字の汚さに悩んでいる人はたくさんいます。しかもその人たちの多くは字を綺麗にするために、どのような練習をしていいかわかっていません。

教材や通信講座をつかえば上達する早さもかなり違います。もし字を綺麗にしたいと本気で思っているのならなら、講座に申し込んでみるのもいいと思いますよ。

スクールでも通信でも本気で学ぶならケイコとマナブ


メモサイト

資格をとりたいけどどうしてもお金がない!って困っている方はマネー情報局さんでお金のいろはを勉強するととっても将来やくにたちますよ!!
字も身体も常に綺麗でありたいものです。ブライダルエステなら名古屋のなごみさんが一番安心丁寧ですよ!

このページの先頭へ